タグ「ラッキー古市」が付けられた動画 (全 20 件)


  PAGE: Prev 1 2 
ラッキー古市(トンキン大)vs山本みずき(慶応)を倉山満が正論で追い打ち  日付: 2013.08.29
ラッキー古市(トンキン大)vs山本みずき(慶応)を倉山満が正論で追い打ち 
https://www.youtube.com/watch?v=IHgiGjyIYkg

たまたま!ラッキー☆古市 日付: 2013.08.28
たまたま!ラッキー☆古市
たまたまラッキーで2600年以上続いていて世界から敬意を持たれている皇室。日本の建国は1945年。じゃあ、それ以前に生きていた人達は、日本人じゃないのか?なに人って呼べばいいんだ?すげーな古市さん。

たまたまラッキーで2000年以上も皇室は続いてきた? 日付: 2013.08.27
たまたまラッキーで2000年以上も皇室は続いてきた?
ブログ書きました→http://kazuyahkd.com/archives/1403YouTubeで動画投稿しています。是非YouTubeでチャンネル登録をお願いします!YouTubeチャンネル → http://www.youtube.com/user/kazuyahkd次→ 前→sm21684442マイリス→ mylist/36734521

アスリートと若者の右傾化が止まらないニダ 日付: 2013.08.18
アスリートと若者の右傾化が止まらないニダ
いい傾向ですね^^政治動画マイリス mylist/29182171政治動画マイリス2 mylist/34816368

【拡散】フジ・古市憲寿の発言、「韓国サッカーの横断幕は一瞬だった」 日付: 2013.08.17
【拡散】フジ・古市憲寿の発言、「韓国サッカーの横断幕は一瞬だった」
【拡散】フジ・古市憲寿の発言、「韓国サッカーの横断幕は一瞬だった」

大竹メインディッシュ ゲスト 古市憲寿さん(社会学者) 日付: 2012.12.21
大竹メインディッシュ ゲスト 古市憲寿さん(社会学者)
大竹まことのゴールデンラジオ

【公式生放送】夢をあきらめよう!? 10年代の若者論③ 日付: 2010.09.30
【公式生放送】夢をあきらめよう!? 10年代の若者論③
現代に必要なのは“あきらめ”なのか!?ピースボートに乗り込んだ東大院生の出したクールな結論と、教育社会学者の熱い反論。 若者を救うと崇められる「承認の共同体」ピースボートへ潜入取材、その可能性と限界について探った新刊『希望難民ご一行様』(光文社)の刊行を記念したニコ生トークセッション。 著者の東大院生・古市憲寿氏、東大教授の本田由紀氏、司会のひろゆきでお送りします。 Twitterハッシュタグ:#niconama_talk 放送URL lv268...

【公式生放送】夢をあきらめよう!? 10年代の若者論② 日付: 2010.09.30
【公式生放送】夢をあきらめよう!? 10年代の若者論②
現代に必要なのは“あきらめ”なのか!?ピースボートに乗り込んだ東大院生の出したクールな結論と、教育社会学者の熱い反論。 若者を救うと崇められる「承認の共同体」ピースボートへ潜入取材、その可能性と限界について探った新刊『希望難民ご一行様』(光文社)の刊行を記念したニコ生トークセッション。 著者の東大院生・古市憲寿氏、東大教授の本田由紀氏、司会のひろゆきでお送りします。 Twitterハッシュタグ:#niconama_talk 放送URL lv268...

【公式生放送】夢をあきらめよう!? 10年代の若者論① 日付: 2010.09.30
【公式生放送】夢をあきらめよう!? 10年代の若者論①
現代に必要なのは“あきらめ”なのか!?ピースボートに乗り込んだ東大院生の出したクールな結論と、教育社会学者の熱い反論。 若者を救うと崇められる「承認の共同体」ピースボートへ潜入取材、その可能性と限界について探った新刊『希望難民ご一行様』(光文社)の刊行を記念したニコ生トークセッション。 著者の東大院生・古市憲寿氏、東大教授の本田由紀氏、司会のひろゆきでお送りします。 Twitterハッシュタグ:#niconama_talk 放送URL lv268...

夢をあきらめよう!? 10年代の若者論 日付: 2010.09.24
夢をあきらめよう!? 10年代の若者論
現代に必要なのは“あきらめ”なのか!?ピースボートに乗り込んだ東大院生の出したクールな結論と、教育社会学者の熱い反論。・西村博之 (株式会社ニワンゴ取締役管理人)・古市憲寿 (ふるいちのりとし)1985年東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業現在、東京大学大学院総合文化研究科博士課程慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)有限会社ゼント執行役・本田由紀 (ほんだゆき)1964年生まれ。社会学者。東京大学大学院教育学研究科教授著書『...

PAGE: Prev 1 2