登録日  2018/10/06 18:16

【ゆっくり文庫】クリスティ「そして誰もいなくなった」(1/2)

説明

誰も信じられない──孤島に集められた10人の男女が、数え唄に見立てて殺されていく。問題はオーエンの正体ではなく、自分を含む全員が罪人だってこと。彼らは島と罪に囚われている。And Then There Were None by Agatha Christie (1939)●そして誰もいなくなったsm33975066 前編sm33981315 後編sm33986818 PV (松谷祐子「愛はブーメラン」)●mylist/39107052 ゆっくり文庫●mylist/59497715 ゆっクリスティ028 sm24238713 マープル「完璧なメイド」034 sm25458371 ポワロ「スズメバチの巣」035 sm25512772 マープル「動機と機会」044 sm26942176 マープル「青いゼラニウム」063 sm30507320 マープル「ポケットにライ麦を」074 sm32946182 マープル「パディントン発4時50分」パイロット版075 sm33091342 マープル「鏡は横にひび割れて」080 sm33975066 クリスティ「そして誰もいなくなった」090 sm37048244 マープル「予告殺人」編集後記:http://trynext.com/story/ybook/yb080.php

タグ

  エンターテイメント  ゆっくり文庫  ゆっくり劇場  アガサ・クリスティ  そして誰もいなくなった  10人のインディアン  ゆっクリスティ  マザーグース  一級フラグ建築士  

動画URL

 
 
時間
19:09
再生数
73,018
コメ数
1,196