登録日  2015/04/21 14:07

ピッチ修正の出来ない時代のプロのコーラスレコーディングの技を見よ!

説明

1985年頃のスタジオレコーディング風景です。ポニーキャニオンから出ていた「アイドルとデートした気分になれるカセットシリーズ」のオープニング部分の曲で、森尾由美、宇佐美ゆかり、岡田有希子の3バージョンがありました。ストーリーが始まると街の雑踏>走ってくるアイドルの足音>息を切らせながら「ゴメンゴメン、待った?」ーここで数秒のポーズがあり、ファンの人は「ううん、僕も今来た所」みたいに答える、という元祖オタク向けみたいな?コーラスは菊地真美さん。

タグ

  音楽  技術  1980年代    才能  プロの本気  菊地真美  貴重映像  安西史孝  もっと評価されるべき  ニコニコ美術館  

動画URL

 
 
時間
9:13
再生数
11,983
コメ数
187